top of page

アンスイートバスルーム

更新日:2020年5月2日



僕の名前は高山良太。高3です。

今日は予備校の二コマ目が急に休講になったので、

いつもより二時間早くに帰宅しました。

「ただいま…」

家は真っ暗。

お母さんの返事もありません。

お父さんも今日は金曜日なので

同僚と飲みに行くから帰りは遅くなると言ってたけど

お母さんも何処かに出かけたんだろうか…

そう思いなんとなく下を向くと

男物の靴が目線に入りました。

僕はなんとなく胸騒ぎがしました。

ひょっとして、僕の留守中に

お母さんが襲われでもしているんじゃないか…

そんな事を考えていると

バスルームからシャワーの音が聞こえてきました。

洗面所の扉を恐る恐る開けると

跪いた母の後ろ姿が見えます。

そしてその奥に仁王立ちの若い男の姿も…

その男は長田雄志。

僕の中学の同級生で同じマンションに住んでいます。

中学の頃はよく彼に虐められていました。

そんな奴とお母さんが同じバスルーの中にいるなんて…

やはり僕の胸騒ぎが的中してしまったのか…

僕は息を殺しながらそんな事を考えていました。

「もう…あんなに沢山したのに…

またおちんちん大きくして…

それは母親が息子を嗜めるような優しい声でした。

とても襲われている女性の声ではありません。

…まだできるの?

もう…これじゃお掃除の意味ないわね…」

お母さんはわざと困ったような声色を使っていますが、

明らかに嬉しそうです。

まったく…

他所のお母さんの中に何回出せば満足するのかしら

悪い子ね…

良ちゃんがもうすぐ帰ってきちゃうから

今度はすぐに済ませましょうね?

不意にお母さんが僕の名前を口にしたのでドキッとしました。

「済ませる」が何を意味するのか。

女性とそういう経験のない僕でも分かりました。

それは今まで僕が聞いたことのないお母さんの声でした。

普段の優しく穏やかなお母さんからは想像のできない下品な響き…

それでいて抗うことのできない強度で僕の股間を刺激します。

ああ…これがSEXなんだ。

普段僕の前で微笑む優しい母の仮面がいとも簡単に剥ぎ取られていく…

これが、それなんだ。

僕はどこか客観的な感覚でそんなお母さんを見つめていました。

…その時です。

あの瞬間のお母さんの表情が未だに忘れられません。

あの菩薩のような優しさの中に

底知れない淫靡さを秘めた表情を。

それを思い出す度僕の胸は締め付けられ、

それなのに無性に劣情が掻き立てられるのです。

見られてはいけないものを見られた時、

次にどういう行動をするか。

必死でそれを隠そうとする人、

開き直ってしまえる人。

お母さんは間違いなく後者でした。

もっと!もっとちょうだい!

その後の母は野獣でした。

お母さんのお尻と長田の腰がぶつかり合う音

そして性器と性器が擦れ合う音がこちらにも聞こえてくるようでした。

長田は時々思い出したように

お母さんのお尻をリズム良く張ります。

その度に、お母さんは悶え歓ぶのです。

それは本来僕が帰ってくる時間をとうに

過ぎた時刻まで続きました。


お母さんは恍惚の表情を浮かべながらも

しっかりと僕を見つめました。

僕はベッドに駆け込み

気が狂ったように自分を慰めました。

その日以降、母は僕に遠慮をしなくなりました。

僕も、金曜日の予備校は必ず一コマで切り上げるようになりました。

「あら、今週も早かったのね…

お母さんたちこれからシャワー浴びるから…

「夕飯はもう少し後で…いいわよね?」


--------------------------------------------


今回のタイトルの元ネタとなったシリーズをご紹介


お母さんを含む一家全員が寝取られるアンスイートシリーズ最新単行本




和久井和美さんは本当に最高のお母さんです。


その他に最近見つけたオススメのお母さん。




一作目の息子がVRでゲームしている横でその友達とSEXしているコマは永久保存版です。



閲覧数:4,062回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食物連鎖

密通淫母

bottom of page